Photo Diary ⑪~ダライ・ラマ法王が建てた大学vol.2

 

奨学生ミーティング in サラ大学②

サラ大学(College for Higher Tibetan Studies Sarah)は、チベットの文化を継承するためにダライ・ラマ法王の要請で設立された、比較的新しい大学です。

ここでは、チベットの歴史・言語・仏教・文学を深く学び、多くはチベット人学校の教師を目指します。チベット亡命政府が三本柱として注力する「教育」の、まさにひとつの要がここサラ大学。

奨学生たちも、チベットそのものを後世に残していくために、日々高いモチベーションで学んでいます(^^)

Afternoon meeting with Rainbow scholorship students in College for Higher Tibetan Studies Sarah,Dharamsala ②

5550_1750148241884483_4893554898052339217_n

ゲームやWSを終え、楽しい時間もあっという間。代表の挨拶です。
毎回、色んな手配や移動時間の合間に、自分のことばで、その時、奨学生に伝えたいことを書きおこしています。

1928906_1750148235217817_825423620734148484_n

英語があまりわからない奨学生もいますが、
みんな真剣に耳を傾けています。

1377223_1750148245217816_7259389338861119089_n

わたしは今回、初めてチベット語でのゆうかちゃんインターン終了の挨拶に挑戦しました。
代表が書いた日本語を英語に、その英語を前日徹夜で友の助けを借りてチベット語に。
たぶん、とてもヘタだったと思いますが、みんな笑顔で聞いてくれました。
この場を借りて、翻訳を手伝ってくれた友へ、
温かく耳を傾けてくれた奨学生のみんなへ、
ありがとう(^^)
Thank u so much fren for helping translation ma speech to Tibetan.
N,thank u so much all Rainbow Students for listening to ma poor Tibetan…10556456_1750148275217813_2479845855562332095_n奨学生代表で、ゆうかちゃんへのメッセージが送られました。10644893_1750148288551145_6722130351551296698_nゆうかちゃんは、ここサラ大学での面談でも奨学生たちの背景にある厳しい現実に直面しました。
インターンとして、レインボーチルドレンと奨学生たちとの架け橋を担ってくれていたゆうかちゃん。直に接することで、日本にいるわたしたちにはわからない、伝えきれない葛藤や悔しさも心に秘めながら、奨学生たちに精一杯寄り添ってきました。

995363_1750148308551143_8141563374629907365_n

先生からも感謝と労いの言葉と贈り物がプレゼントされました。
ゆうかちゃん、本当におつかれさまでした。
ありがとう。

10399826_1750148305217810_3229994316264522891_n

次期インターン・ダイキくんの紹介もありました。
ダイキくんからは、6ヶ月後、この場でチベット語で挨拶します!と、力強い宣言がありました(^^)

1914568_1750148335217807_3578437166082045432_n

ゆうかちゃんと、おなじみの奨学生たち。

1622019_1750148341884473_2575848419227228673_n

みんな、ゆうかちゃんを支えてくれて、
そして心を開いてくれてありがとう。

12410519_1750148411884466_1539332409769429272_n
Takako
Ako × Teacher
Ako × Teacher
Happy to c u again
Happy to c u again
missin' u dea
missin’ u dea
12440751_1750148491884458_2107042324657953091_o
Thuk je nang
had a fun time to dance wid u ♫
had a fun time to dance wid u ♫

1935794_1750148495217791_6082979779478399484_n

10402575_1750148511884456_4288537164631166623_n

次に会う時までまたみんな元気で。

次に会う時までまたみんな元気で。

そして、サラで学んだチベットの文化をたくさんのひとびとに伝えていってください。

Jumper!! By Mai × Akari × Sato-san
Jumper!!
By Mai × Akari × Sato-san
Jumper!! By Rainbow members & Sarah Rainbow Students
Jumper!!
By Rainbow members & Sarah Rainbow Students

12278942_1750148651884442_1241614214766265928_n

Thuk je che.
Jal yong… !!

 

Photo Diary ⑩~ダライ・ラマ法王が建てた大学vol.1

 

奨学生ミーティング in サラ大学

サラ大学(College for Higher Tibetan Studies Sarah)は、チベットの文化を継承するためにダライ・ラマ法王の要請で設立された、比較的新しい大学です。
ここでは、チベットの歴史・言語・仏教・文学を深く学び、多くはチベット人学校の教師を目指します。

チベット亡命政府が三本柱として注力する「教育」の、まさにひとつの要がここサラ大学。

奨学生たちも、チベットそのものを後世に残していくために、日々高いモチベーションで学んでいます(^^)

Afternoon meeting with Rainbow scholorship students in College for Higher Tibetan Studies Sarah,Dharamsala

10153935_1749917208574253_8986446487591057481_n

学長と再会!

10492563_1749917201907587_5655379658661596113_n

インターンゆうかちゃんはサラ大学にも奨学生の面談で訪問しています。

1914574_1749917231907584_2918245583689279187_n

次期インターン、ダイキくんもよろしくおねがいします!

535090_1749917235240917_7392547083167332820_n

奨学生たちが集まりました。
ついこの間会ったばかりの感じです。

21472_1749917291907578_3489311022262374934_n

天候にも恵まれ、学内の広場でお日様のもと、交流会がスタートです(^^)

10345559_1749917335240907_3444758563310431765_n

デリーの奨学生より、少しシャイな印象だったサラ大学のみんな。
ここでも、お互いの言語を覚えよう!というアイスブレイクゲームからはじめます。

10310548_1749917348574239_8009655539340639874_n

じぶんが引いたカードと同じひとを探してペア・グループに☆

12705632_1749917355240905_7848349075374574973_n

特に言語や文学を学んでいる奨学生にとっては、日本語に触れるのはとても楽しかったようです。

12243320_1749917375240903_2341023605997373125_n

この写真の彼は、じぶんがひいたカード以外の日本語もミーティングが終わるまでにノートに書きとめて練習していました!

1009885_1749917421907565_2001291419155233594_n

綺麗にチベタンアルファベット書けているから、
もっともっと練習してね、とアドバイスをくれた彼。

10572126_1749917501907557_1806504676465049269_o

芝生に座り、緊張もとけてみんないい感じです。

1235479_1749917471907560_3950859705966070680_n

違うカードを持ってるひとともご挨拶(^^)

1044060_1749917465240894_6491694219436113415_n

気楽に楽しめるゲームを通して、奨学生ともっと身近にコミュニケーションできた方がいい、というのは、インターナショナルな環境に身を置き学ぶゆうかちゃんの意見でした。
やはり現役で奨学生たちと同じ年代のゆうかちゃんの提案はビンゴ!
それから笑顔溢れる奨学生ミーティングへとかなりの変化を遂げました♫

10491163_1749917491907558_6075010242600551043_n

これからはダイキくんが、この連鎖を繋いでいってくれます♫

1917518_1749917558574218_8063059130026012903_n

ツアーメンバーにとっても、奨学生にとっても、
お互いの言語に触れるいい機会がもてました♫

984120_1749917551907552_5757591398965116859_n

さて、アイスブレイクであったまったところで、グループに分かれて次のゲーム。

10556286_1749917571907550_1161816022627391344_n

どこからともなく沸き起こる、ゲーム前の一致団結対決!
前回のミーティングよりも、より距離が近くなった気がします。

12795295_1749917605240880_5970821972991516376_n

グループごとに列に並んで、、、

1610039_1749917688574205_4386238469233629365_n

言葉を使わず絵と絵で伝える伝言ゲーム。

941358_1749917681907539_7229222085176678216_n

これは、、、おそらくヤクです笑。
10秒間しかないので、絵心が求められます。

535211_1749917708574203_822344879225088609_n

そのため、みんな目で伝わって!アピール。

1937198_1749917715240869_6794095912477562626_n

このお題の答えは、、、、

1923508_1749917758574198_6082949078780628928_n

もしや、、、、笑。

225655_1749917765240864_8513711582697702301_n

アイスブレイクから、今度はチームでの連帯感へ。

12322882_1749917948574179_658711631401705208_o

笑いが絶えないゲームとなりました(^^)

1909583_1749917795240861_1549995596839662829_n

さて食堂に戻り、デリーでも行ったグループごとの共同ワークショップ♫

1560433_1749917871907520_8810851244963455488_n

下地に与えられたお題をグループごとに描いていきます。

1935191_1749917875240853_9131760020627889480_n

ここサラ大学でも、とても凝った絵を描いてくれるコがいたりと、アートの才能も見せてくれました。

993877_1749917901907517_1572424126449566712_n

チベットの国旗の色が見えますね。

1496689_1749917938574180_1139457453354082177_n

こちらは日本。

5794_1749917931907514_841523172084942252_n

みんな集中です。

10403196_1749917961907511_8551061668331433107_n

出来上がってきました!!

250172_1749917995240841_3207599026261404027_n

グループごとの完成品☆

1933880_1749918065240834_4278268612243769519_n

このグループは色使いがとても綺麗♡

941080_1749918088574165_963045650228730680_n

Tibetと、、、

1914486_1749918105240830_470365952847007377_n

日本を繋ぐ、、

1917514_1749918108574163_1620398574024467437_n

レインボーアートが完成しましたーー*\(^o^)/*
今回も素敵です!

vol.2につづく


  • 現在50名のレイチル奨学生(大学生)制度とは?

レインボーチルドレン奨学金へ >>

  • インターンゆうかちゃんが個別インタビューした奨学生の実態

奨学生レポートへ >>

 

Photo Diary ⑦~チベット仏教の聖地ダラムサラへ到着

 

Old Delhiから Dharamsalaへ

突然の列車キャンセルから、
ミニバスに揺られて予定より早くダラムサラに到着!

初日は、チベットの伝統的なアートを学ぶ職業訓練校や寺院も兼ね備えたノルブリンカを訪問しました。
わたしにとっては4度めとなる訪問。
ここに流れる静かで穏やかな空気が好きです。

1930637_1747469855485655_8954955764203171201_n

ミニバス移動中のチャイ休憩。
寒いよ〜〜> <

922680_1747469825485658_5426863723973992783_n

ドライバーさん、眠気と戦いながら急なオーダーにも関わらず、長距離運転頑張ってくれました。

1936478_1747469838818990_3411556959430761683_n

すっかり夜も明けすがすがしい空気。
Mcleod Ganj まであと少し。
朝食休憩です。

10447645_1747469872152320_8386881824403822854_n

遠い目のあかえもん。

10370819_1747469878818986_6185883397486384937_n

元気な副代表w

10271491_1747469898818984_6036109662323436875_n

インドの朝食の定番のひとつ、パラータとチャイ。
中に玉ねぎやパニール(インドチーズ)、じゃがいもなんかが入っています。
バターをつけて熱々を頬張ります。

10399747_1747469915485649_1248985176090005360_n

いただきます🙏

10659320_1747469952152312_3068865277510304840_n

今回のツアーでは、カエル好きのメンバーのまいさんにカエルミッションが用意されていました。
記念すべき最初のミッションクリアの瞬間。

12798944_1747469968818977_8874398635899045431_n

ようやく見慣れたマクロードガンジに到着!
ドライバーさん、お疲れ様でした*\(^o^)/*

729_1747469972152310_6231194234869956676_n

ただいま、といいたくなる風景。

12814527_1747469995485641_2676974036285459843_n

今回お世話になったホテルの看板犬シンドゥーちゃん♥

1936478_1747470002152307_8959851843840649878_n

ホテルの各部屋にはそれぞれ八吉祥を表すシンボルがついていました。

10288793_1747470078818966_4197385219163353918_n

わたしのお部屋はGolden Wheel。
サンスクリット語でダルマ(Dharma)とは、心を苦から救うもの、導くもの、
車輪=チャクラ(chakra)は古代インドの武器、仏の教えが転じて伝わることを輪に喩えたたもの、真理の輪、真実の教え、究極の真実、聖なるもののシンボルです。

1535015_1747470062152301_1806901847879133012_n

お部屋にはチベットらしい調度品がたくさん。

841_1747470118818962_4505268088724038387_n

香箱も素敵です。

12832582_1747470095485631_629384672342558185_n

絵の色づかいも好きです。

10398892_1747470122152295_4850439177454799651_n

10440631_1747470148818959_1743327500242986323_n

10433096_1747470152152292_6836103874998151800_n

ホテルのカフェにて、チャイで一息入れたら出発!

(1/2)

次ページ:ノルブリンカへ

Photo Diary ④~奨学生ミーティングDelhi vol.3

 

奨学生ミーティングin マジュヌカティラ③

ありがとう&また会いましょう🙏

Afternoon meeting with Rainbow scholorship students in Majnu ka tilla,Delhi ③😊👏
Thuk je che & Jal yong🙏

ベジモモやピザの軽食とチャイを楽しみながら 代表石川さんの挨拶。
ベジモモやピザの軽食とチャイを楽しみながら
代表石川さんの挨拶。
誕生日のKelsangのお祝いもありました。 Happy Birthday Kelsang ✨
誕生日のKelsangのお祝いもありました。
Happy Birthday Kelsang ✨
ゆうかちゃんからダイキくんへ、 インターンバトンタッチのご挨拶。
ゆうかちゃんからダイキくんへ、
インターンバトンタッチのご挨拶。
ここで、奨学生代表のPemaからもゆうかちゃんへメッセージのプレゼント。 Pemaがサプライズで歌を歌うと、自然と他の奨学生も口ずさんで、涙が溢れるシーンもありました。
ここで、奨学生代表のPemaからもゆうかちゃんへメッセージのプレゼント。
Pemaがサプライズで歌を歌うと、自然と他の奨学生も口ずさんで、涙が溢れるシーンもありました。
奨学生からわたしたちへ、カタの贈呈。
奨学生からわたしたちへ、カタの贈呈。
いつもいつもありがとう✨
いつもいつもありがとう✨
心を込めて渡してくれるカタを
心を込めて渡してくれるカタを
心で受け取ります。
心で受け取ります。
元気でまた会える日を
元気でまた会える日を
楽しみにしています!
楽しみにしています!
Thuk je che ☺✨
Thuk je che ☺✨
Rainbow Children × Rainbow Students
Rainbow Children × Rainbow Students
ゆうかちゃんが現地で繋いでくれた架け橋
ゆうかちゃんが現地で繋いでくれた架け橋
これからもずっと続きますように✨✨
これからもずっと続きますように✨✨
奨学生のみんな、ゆうかちゃんを支えてくれてありがとう!
奨学生のみんな、ゆうかちゃんを支えてくれてありがとう!
ゆうかちゃんの次はダイキくんが頑張ってくれます✨
ゆうかちゃんの次はダイキくんが頑張ってくれます✨

12794325_1744151182484189_6487829953911257997_n

Yuko...wid Jigme & Palden
Yuko…wid
Jigme & Palden
Kunga & Youten
Kunga & Youten
Zomkyed
Zomkyed
Rapten
Rapten
Pema & Kelsang
Pema & Kelsang
ミーティングのあとはMTの中を自由散策。 商店やお洒落なカフェが立ち並ぶ賑やかな場所です smile絵文字ー
ミーティングのあとはMTの中を自由散策。 商店やお洒落なカフェが立ち並ぶ賑やかな場所です。
ダサにもあるSFT shop。 MTにもあります。
ダサにもあるSFT shop。
MTにもあります。
お買い物中。
お買い物中。
夕暮れ時の寺院では、たくさんの人々が集っていました。
夕暮れ時の寺院では、たくさんの人々が集っていました。
絵になるダイキくん。
絵になるダイキくん。
夜はミーティングに参加できなかった一期生のKhandoちゃんと久々の再会Dinner.
夜はミーティングに参加できなかった一期生のKhandoちゃんと久々の再会Dinner.
このツアーでは定番になった、 代表とトマトスープの組み合わせ。
このツアーでは定番になった、
代表とトマトスープの組み合わせ。
フライモモ
フライモモ
わたしは、レモンとコリアンダー(パクチー)のスープ
わたしは、レモンとコリアンダー(パクチー)のスープ
インドにくるとなぜかお芋が美味しく感じるのはわたしだけー?
インドにくるとなぜかお芋が美味しく感じるのはわたしだけー?
今回ヒットのハニーフライドポテト。 大学芋のじゃがいもver.みたいな感じ。 甘辛が癖になる。
今回ヒットのハニーフライドポテト。
大学芋のじゃがいもver.みたいな感じ。
甘辛が癖になる。
チキンシズラー。 キャベツの葉っぱにヌードルと共にバーベキューのようなチキンが豪快に盛られて出てきました。
チキンシズラー。
キャベツの葉っぱにヌードルと共にバーベキューのようなチキンが豪快に盛られて出てきました。
ゆうかちゃん
ゆうかちゃん
Khando × Yuuka カンドちゃんは今、ダライ・ラマ法王基金で活動しています。
Khando × Yuuka
カンドちゃんは今、ダライ・ラマ法王基金で活動しています。
来てくれてありがとう!
来てくれてありがとう!
Thank you so much,
Thank you so much,
And see u again smile絵文字ー
And see u again smile!

 

チベットの子どもたちを支える青