レインボーチルドレン奨学金

レインボーチルドレン奨学金は、高等教育支援(大学・大学院)を通じて社会を変える当事者(イノベーター)を育成しています。

2012年にスタートしたレインボーチルドレン奨学金では、現在66名(第2期生から第5期生)がインドの大学・大学院で学んでいます。

目標は2017年に100名在学を達成することです。

  • 延べ奨学生数156名
  • 卒業生数13名

%e5%a5%a8%e5%ad%a6%e7%94%9f%e8%a8%88%e7%94%bb

 

中央チベット政権(CTA)教育省との協働

最初に訪問した2012年当時、毎年チベット人高校(インド・ネパール・ブータン)を卒業する約1500名の内、奨学金を受けて大学以上へ進学ができる約200名の内訳は、

  • ダライ・ラマ法王基金の奨学金から約100名
  • 諸外国からの支援による奨学金から約100名

となっていました。

奨学金状況2014
2014年 中央チベット政権(CTA)教育省

難民社会では、自力で大学まで進学することはほぼ不可能であり、奨学金を受給できるかどうかが進学の分かれ道となっています。ただし、現状では狭き門です。

チベット難民進学率
世界の進学率(2012年、出典:UNESCO)とチベット難民の進学率(2014年、CTA)の比較

世界的にみても最下位グループとなる現状では、子どもたちの未来を担う教職はおろか、難民社会を支えていく高度な専門的人材が枯渇し、守ろうとしているチベット文化を後世へ繋いでいくことができなくなります。

そこで、2012年にレインボーチルドレン奨学金(Rainbow Children Scholarship)を創設し、100名の奨学生をサポートすることを目標にプロジェクトをスタートしました。

チベット学生を継続して支える >

 

レインボーチルドレン奨学金制度

【選定条件】
①孤児もしくは片親がいない子ども
②一定以下の貧困家庭
③統一試験で60%クリア(10年生12年生時にインド統一試験がある)
の条件を満たした生徒から年度の追加枠数を成績上位から選定する。
【年間費用】
インドの大学に通うための年間費用は約7万円(学費・寮費)(学校により異なる)
【年間査定】
①大学の試験で50%以上(未満は単位を落とす)
②出席率75%以上
いずれか満たさない場合は奨学金停止とする。

 

奨学生ミーティング2016秋

年に2回行う現地での奨学生ミーティングは、デリーとダラムサラの2ヶ所で開催しています。2016秋の奨学生ミーティングでは、互いの文化を交流することを目的にワークショップを通して深い交流ができました。

 

この秋、スラムから奨学生第1号が誕生しました

img_1694

2016秋、スラム出身で自力でデリー大学を卒業し、スラムの子どもたちのために夢を追いかけるサンタン君の大学院(MBA)支援が始まりました。デリーのスラム中に学校をつくる夢を応援します。

夢をめざして、がんばれ未来のリーダーたち!!

%e5%9b%a3%e4%bd%93%e8%aa%ac%e6%98%8e-1-min


チベットプロジェクトへ >

ス ラ ム プロジェクトへ >

教育は世界を変える!インド・チベットの若者から未来のリーダーを育てる奨学金を運営するNGOです