奨学生FILE. Tenzin Passang(6期生)

彼女はデリー大学のDaulat Ram collegeの2回生です。

専攻は歴史学。インドの歴史、言語、世界遺産、現代西洋学などを学んでいます。

「高校でインドの歴史を勉強しました。インドの歴史は古く、たくさんの民族や言語があり多様で、非常に面白いと思い、大学でさらに学ぶことにしました。」

「将来は大学教授になり、インドの歴史学を教えたいと思っています。多様で歴史のあるインドの歴史学の先生になりたいんです!大学の教授が難しければ、チベット学校で歴史の先生になりたいと思います。」

「私は自分が得た知識を人に伝えていくのが好きなので、人に何かを教える職業につきたいと思います。先生になったら、私は厳しい先生になると思います!話を聞いていない生徒がいたら、すぐ注意します!」

彼女の出身は南インドにあるKarnataka州のMundgodです。この地方にもチベットの人々のコミュニティがあるそうです。両親が小さい頃にチベットから亡命し、Mundgodに住んでいます。両親はここで農業を営んでいます。兄弟は弟2人と姉1人の4人兄弟です。お姉さんは看護士で、弟はまだ高校に通っています。

「私は中等教育までは同じKarnataka州にあるチベット人学校(CST Bylakuppe)で学び、その後、上級中等教育をダラムシャーラ近くのチベット人学校 (TCV Suja)で学びました。そして、今デリー大学で勉強しています。」

TCVとはチベット人学校のことで、インド内に何箇所かあります。逆に言うとインドに何箇所かしかない学校でしか、チベットの教育は受けれらない。日本国内ならば、どこにいても日本人のための学校があり教育が受けれますが、チベット難民の人達はそうはいかない。教育を受けるために親元を離れるか、家族で学校のある地域に住むしかない。チベット難民の人達の選択肢の少なさを改めて感じました。

C:\Users\USER\Desktop\my\インドNPO,NGO\レインボーチルドレン\Tenzin Passangさん(20181118)\写真\IMG_20181118_135846その1.jpg
C:\Users\USER\Desktop\my\インドNPO,NGO\レインボーチルドレン\Tenzin Passangさん(20181118)\写真\IMG_20181118_135907その3.jpg
AMA cafeというカフェで話を聞きました。チベットのお茶が飲めます!!

Tenzin Passangさんはチベットの人々の現状について教えてくれました。

「SNSができたおかげで、自分達で情報が発信できるようになりました。インスタグラムを使ってチベットの国旗の絵文字を発信してる人達がいます。以前よりも世界中の人々がチベットの状況についてより認知してもらえるようになったと思います。私たちの状況を発信するチャンスが増えた。これはいい変化だと思います」

趣味は寝ること「たくさん寝るのが好きです(笑)」

音楽、マンガ、アニメも好きで、ワンピースなど日本のアニメも知っていました。

C:\Users\USER\Desktop\my\インドNPO,NGO\レインボーチルドレン\Tenzin Passangさん(20181118)\写真\IMG_20181118_151940その2.jpg
「写真は苦手」と言ってました(笑)

Tenzin Passangさんは出身地のMundgodの地元の言葉を少々と、ヒンディー語、英語、チベット語が喋れるそうです。4つの言語を操れる、と何気なく言っていましたが、日本人だったら日本語くらい。。この違いにびっくりしました。自分の国で生きていけず、難民として自分の国以外の国で生きていくには必要になってしまうのかと思います。彼ら、彼女らの凄さを改めて実感しました!!

奨学生FILE. Ngawang Wangmo(6期生)

Ngawang Wangmoさん。彼女はデリー大学のIndra Prasth colleageの2年生です。

専攻は心理学!

人の心理、人間の脳の働き、行動学などを学んでいます。

、、、と言われても講義内容がよく分からないので、あれこれ質問していたら、

「一言で言えば、、、、“人”について学んでいるんですよ」

と教えてくれました(笑)。

「大学卒業後は修士に進み、教育心理学を学ぶつもりです。その後はチベットの教育機関で働きたいと思います。チベットの教育を良くしたいです。教育心理学を用いて、より良い教育体制を構築したり、教育心理学を活用した生徒の指導方法を先生に教えていきたいと思ってます」

チベットではまだ心理学を活用した教育の実績はなく、彼女がやれば、チベット教育の中で初となるそうです。

「中学、高校にいた時、チベットの教育体制はもっと改善していかなくちゃいけないと感じていました。それを担任の先生に相談すると、今学んでいるこの心理学について教えてくれました。それで私はこの学科を専攻することに決めたんです。」

「現在、私達の国はありません。インドで難民として生きています。今までと違うことをして、色々と変えていかないといけないと思っています。そうしないと国を持つ機会を失くしてしまうと思っています。」 

「現在の教育は試験や知識が重要視されすぎていると感じています。もちろんこれらも重要ですが、それだけではないと思います。就職する時も学歴だけでなく、面接で人物面を判断しています。試験に必要なことを教えるだけでなく、考え方やコミュニケーション手法等も教えるべきと思っています。」

「私たちの代表ダライ・ラマも言ってました。“賢いとか、大学卒、教授、エンジニアであることが価値あることではなく、価値あることは{良い人間、良い心}であることです。”と私はこの言葉に影響を受けました。私はこの考え方を教えていきたい、教える教育体制を作りたいと思っています。」

C:\Users\USER\Desktop\my\インドNPO,NGO\レインボーチルドレン\Ngawang Wangmoさん(20181111)\写真\IMG_20181111_154249 - コピー.jpg
たくさん語ってくれました。「私はちょっと変わってると言われます(笑)」

「昔の人に比べると、私はとても幸せで恵まれていると感じています。今は奨学金のおかげで、大学へ行ける人が増えましたが、昔は多くなかった。高等教育を受けようとしても、財政的な問題であきらめるしかなかった。

私は小さい頃から親元を離れて、小学校に通っていました。何百というチベットの子供達が小さい頃から親元を離れ、学校に通っています、このことを大学の心理学の先生に話すと驚いてました。先生は小さい子供と親が一緒にいることの重要性を心理学的な面で知っていますので。でも寮の人達や先生たちが良くしてくれたので、私は幸せでした。

兄はカナダへ出稼ぎに行っています。私の家族が住むArunachal Pradesh州は貧しい州なので、働く機会が多くなく、仮に働けても暮らしていくのに十分な給料は中々手に入りません。なので、チベット政府とカナダ政府が協力して、Arunachal Pradesh州のチベット人がカナダで働けるようにカナダ政府が手配するという制度があります。それで兄はカナダへ行っています。兄は自分がカナダでどんな仕事をしているか私に教えてくれません。でも家族に、そして私に毎月お金を送って、私達を支えてくれています。

小さい頃から働かずに済み、大学に行け、勉学に集中できている私は恵まれていると思います、感謝しています。その中で、私はSNSやネットからチベットの人々の現状や様々な困難について聞きます。そうするとやはり、私は私のチベット社会へ貢献したい、何かをしていきたいと感じます。なので、私はチベットの教育体制を変えていきたいと思います。」

C:\Users\USER\Desktop\my\インドNPO,NGO\レインボーチルドレン\Ngawang Wangmoさん(20181111)\写真\IMG_20181118_153421 - コピー - コピー.jpg
今回も Majnu ka Tillaで話を聞きました。チベット難民の生活する場所です。
C:\Users\USER\Desktop\my\インドNPO,NGO\レインボーチルドレン\Ngawang Wangmoさん(20181111)\写真\IMG_20181111_154458 - コピー.jpg
「他の学生は喋ってないかもしれませんが、私が語った想いは他のチベット学生も同じです。学生同士議論したりします。」

小柄なNgawang Wangmoさんですが、、、語る言葉、想いは真っ直ぐで、力強かったです!!


奨学生FILE. Tenzin Rain(仮名/6期生)

※自身で亡命してきた奨学生であり、本人および家族に及ぶリスクを回避するため仮名としています。また写真も正面写真でないものを使用しています。

Tenzin Rain君(仮名)はデリー大学で勉強している学生です。見た目ちょっとかっこいい学生って感じでした(笑)
彼は大学の学生寮ではなく、デリー北部にあるチベット人の集まるMajnu ka Tillaで生活をし、そこから大学へ通っています。

彼は現在、デリー大学の〇△× collegeの2年生。政治学を勉強しています。

行政、インドの法律と権利、国際関係論などの科目を勉強中です。

将来の夢は、「将来のことはわからないけど、、」と言っていましたが、政治の指導者、弁護士もしくは学校の先生になることです。

「指導者になって不平等をなくしたい、ジェンダーやチベットの人々の境遇を改善したい。」

大学卒業後はそのまま、修士・博士をとるために大学院へ進学を考えています。日本ではあまりが馴染みがないですが、インドやチベットで指導者の立場になるには博士の資格があった方が良いらしく、博士の資格所得を目指しています。

ちなみにチベットで人気の職業は政治関係の仕事と宗教家、医者だそうです。

エンジニアはチベットの人たちにとって馴染みがないこともあって、あまり人気がない職業です。エンジニアの自分としてはちょっと残念でした(笑)。

家族は父、母、兄1人、姉2人、弟1人、妹2人の家族。「俺はミドルだ」、と言ってました。

ただ、今はおじさんと2人暮らし。Tenzin君の家族はチベットにいます。
Tenzin君だけが12歳の時におじさんを頼ってチベットからインドへ亡命してきたそうです。

その時の様子を話してくれました。
「エージェントを使って亡命してきた。最初は同じような亡命者がたくさんいたけど、途中で何人か見つかって結局残ったのは半分くらいだけだった。追っ手に見つかり、銃撃されたりもした。1人は撃たれて死んでしまった。小さい子達はほぼ追っ手に捕まり、チベットに返されてしまった。俺は運がよかった。一緒に亡命しようとした年上のいとこがいて俺を助けてくれた。ただ、そのいとこは結局捕まってチベットへ戻されてしまって、今は連絡がつかないんだ。」

今は家族と連絡とれてるのか、聞いてみたところ、
「たまには連絡が取れていて、電話で話したりする。ただ情報は管理されているので、話せないこともいっぱいある。」
「兄は自分と同じようにインドに亡命しようしたが、失敗して捕まってしまった。今は、政府の管理下に置かれているので、連絡が取れない」と言ってました。

おじさんも家族はチベットにいるので、インドではおじさんとTenzin君の2人暮らしです。おじさんはインドに亡命後、デリーで自分で商売を始めて、様々な雑貨をMajnu ka Tillaで販売しています。Tenzin君もおじさんの商売を手伝っています。

Tenzin君のおじさんのショップ。夕方はこの店を手伝っています。

こんな経験もあり、Tenzin君は政治の指導者になりたいと思っています。不平等をなくし、事実に基づいた政治をしていきたいという想いがあります。「事実に基づいた政治が大事」と言ってました。

普通に話してるだけでは、こんな大変な経験をもっているとはわからない、かっこよくて、明るい学生だったので、話を聞いたときはかなりびっくりして、言葉も出せなかったです。でもたくまし生きているんだなと感じました。

当たり前ですけど、、、政治って大事だと思います。特に発展途上国では貧しい人が多くて、生活が余裕ないので、政治によるちょっとした変化で、人々の生活が振り回されやすいと思います。
こんな経験と想いを持っているTenzin君なら、良い政治を作ってくれると思いました。政治をもっと学んで、良い指導者になっていって欲しいなと感じます。

奨学生FILE. Kunga Tsomo(6期生)

 

今日はKunga Tsomoさんに会ってきました!

彼女はデリー大学のMiranda House collegeで勉強しています。専攻は地理学と政治学の2つをとっています。「入学時、どっちとも興味があって、1つには絞れず、2つの科目を専攻しました。」と言ってました。デリー大学では2つの専攻を学ぶことができるそうです。修士になると1つしかダメみたいですが。

地理学では各国・各地域の年齢別、男女別の人口構造だったり、地形や地質等について学んでいます。政治学の方では、人権、政治の歴史、インドの政治、選挙の仕組み等を学んでいます。

 

Kungaさんは卒業後は修士に進むことを考えています。修士に進んだら、政治学を選んで勉強していくつもりです。「政治学の方が興味があるし、将来のことを考えると就職の機会が多い政治学の方を学んでいきたいと思う。」と語っていました。
可能ならば奨学金を得てアメリカやイギリス等の海外の大学へ留学したいとも思っています。

その後、Kungaさんの将来なりたいものはたくさんあり、びっくりしました(笑)。

「まず、30歳まではスチュワーデス、その後は大学の講師、そして最終的に政治関係の仕事につきたい!!」

「昔はモデルになりたいと思っていたけど、私は身長高くないので難しいかなと思う(笑)。スチュワーデスになら身長が低くてもなれるので、スチュワーデスになりたい。その後は講師になりたいと思う。私は小さい頃から人に何かを教えること、人を導くことが好きだった。小中学校でもよく友達に物事を教えていた。インドか海外の大学かわからないけど、政治学の講師をしたいと思っている。そして経験を積んでいき、40~50歳くらいになったら、政治関係の仕事につきたい。チベット国の権利を少しでいいから取り戻したいと思っている。チベットに恩返しをしたい」と言ってくれました。

Kunagaさんの父親がインドでの市民権をもっているのでKungaさん自身も市民権を取れる可能性があるそうで、そしたらインドの大学で働けるそうです。

彼女の家族は父母と弟の4人家族。家族はHimachal Pradeshに住んでいます。彼女の祖父母がチベットから移住してきて、彼女の父母、彼女自身はインドで生まれました。仲がいいみたいで、「弟とはよくケンカしてました(笑)」と語ってました。

今回もMajanu ka Tillaのカフェで話を聞きました。

Kungaさんは日本についても少し知っていて、日本について良いイメージを持ってました。「日本はとてもきれいな国だって聞いています。デリーの川はごみや汚染だらけだけど、日本は清潔にしていて、川にもちゃんと魚がいると聞きました。」、「世界で危険な国ランキングでインドは1位、日本は1番安全と何かで知りました。インドではしょっちゅう小さなケンカが見れます。昨日も地下鉄に乗っていたら、インドの人同士がケンカしていました。これがインドの日常です。でも日本は安全と聞いています。」

Kunga さんの夢。「講師になりたい!」と書いてくれました。

「アルバイトもしたいと思ってるけど、今は両親に勉強に集中しろと言われ、やっていない。修士になれば専攻も1つだし、時間が作れると思う。社会経験のためにもアルバイトしたい。」

とも語ってくれました。色々やりたいこともあるって素晴らしいです。スチュワーデス、講師、そして政府の仕事!!どれも素晴らしい仕事です。講師で経験を積んで、政府の仕事という風に自分のキャリアプランも考えたりしていて、すごいと思いました!

今後、自分とチベット社会のために頑張っていって欲しいと思います。

 

奨学生FILE. Tenzin Lhundup(6期生)

 

Tenzin Lhundup君はデリー大学で勉強している19歳の学生です。

Tenzin君の寮の部屋。身長は175cm程度あります。

家族はダラムシャーラ近くに町に住んでいて、祖父母、父(2二人)、母、姉、妹の8人家族。祖父母がチベットから移住し、今はインドで生活しています。

チベットではお父さんが2人以上いることがあるそうです。「どちらかを“おじさん“と呼ぶわけではなく、2人とも”お父さん”と呼んでいる。2人ともお父さんと思っている」と言ってました。チベットの文化には驚きましたが、良い家族関係みたいでした。

Tenzin君のお姉さんはメイクアップアーティストを目指していて、今は専門学校に通って勉強中です。

Teznin君の家族はみんなインドにいるので問題ないですが、遠い親戚(祖父母の兄弟の家族とか)はまだチベットにいます。「会いに行ったりしないの?」と聞いてみたら、「会いには行けない、チベットに行ってしまったら、インドに戻ってこれない」と言っていました。やはりまだ、簡単に行き来できる状況ではないんだなと感じました。

Teznin君は日本の漫画、アニメ好きです。ドラゴンボール、ワンピース、ナルト、ハンター・ハンター!!他にも格闘漫画好きではじめの一歩、バキとかを知っていました!!テレビでやっていたり、アプリで漫画が見れたりするそうです。
日本語も好きと言ってくれました!アニメを見ながら少し覚えたらしく、「俺はTenzin Lhundupです」と日本語で喋ってくれました。

今の趣味は筋トレ。ジムに通い、サプリメントを取っています。(部屋にプロテイン他、サプリメントの缶が置いてありました。)「高校時代はひょろっとしていたので、体を鍛えたい」。ここらへんは大学生らしいなと思いました。

Tenzin君の後ろの棚にサプリメントが置いてあります。

Tenzin君の専攻科目は政治学。政治論、政治システム、国際関係等を勉強しています。将来の夢は「なれるなら、、」弁護士か、チベット政府でネゴシエーターになることです。

ここインドで弁護士になるには大学卒業後、弁護士になるための専門大学でさらに勉強し、卒業後にシニア弁護士の下で2年間勤務が必要とのこと。ダラムシャーラでチベット人の弁護士になることをTeznin君は考えています。インドで弁護士をやることも選択肢としては考えているそうですが、簡単ではないそうです。

「インドで働くのは簡単ではない。インドにはたくさんのインド人がいて、弁護士になる人も多くいる。その中でチベット人の自分がインドで弁護士となるのは難しい」と言ってました。

10億人以上の人口のいるインドの中で外国人であるTenzin君が仕事を見つけるのは簡単ではないのだろうなと感じました。

弁護士以外の道として、ネゴシエーターを考えています。

「チベット政府で働き、色んな国際会議に参加し、世界中を見て、いろんな経験をしたい」と言っていました。

先日話を聞いたDelek君も同じように政治学を学んで、政府関係の仕事につきたいと言っていました。自分にはあまり馴染みのない政府関係の仕事を考えている学生にもう既に2回も会ったことにちょっとびっくりしました。

インドにいるチベット学生にとってはあまり職業選択肢がないのか、それとも自分の国(政府)に貢献したいから政府関係の仕事に関わるのかな、と思いました。ここで勉強して、将来、Tenzin君がチベットを良くして言ってくれると良いなと思います。

 

奨学生FILE. Nyima Wangmo(6期生)

 

今回はNyima Wangmoさんにインタビューをしました。
Nyimaさんは現在デリー大学の Daulat Ram collegeの2年生。政治学を専攻しています。

他のチベット奨学生たちもデリー大学で政治学を専攻していますが、みんなcollegeが違うので教授や教室・キャンパスは違っていて、一緒に勉強しているわけではないです。なので、Daulat Ram collegeのクラスには留学生は彼女だけです。日本とは違ってちょっとわかりずらい制度ですが。。。
ちなみにこのよう一つな大学に複数のcollegeがあるのはデリー大学とバンガロール大学だけだそうです。

Nyimaさんはここで各国の政治体制、国際関係、行政等を勉強しています。
「授業は月から土の8:30-16:00まであって、宿題、レポートもいっぱいあって大変!!」と言ってました。
大学卒業後は修士・博士を取り、その後はチベット学校の先生になって、政治学を教えたいと考えてます。「チベットの将来のため、子供達の教育に関わっていきたい。」と言ってました。
日本で先生になる人は博士の資格は取らないので、何で取るのかなと思って聞いてみたら、
「チベット人が職を見つけるのは大変で、最近は競争も厳しくなっているので、修士、博士といった資格があった方が有利になるので、取ろうと思ってます」と言ってました。

あと、チベット人がインドの学校の先生になれるか聞いてみたら、「インドの公立の学校の先生になれない。私立の先生なら可能だけど、競争が厳しく、私立学校で働くケースはあまりない」と言ってました。チベット人がインドで働く機会は少なく、厳しい状況なんだなと改めて感じました。

家族は父母と姉1人弟1人で、みんなArunachal Pradesh州(ブータン、中国国境近くのインドの州、チベット系の人が多く住んでます)に住んでいます。

「お父さん、お母さんがチベットから移住してきて、こちらで出会って結婚して私はここで生まれました。お父さん、お母さんは地元で農家をしています。」

Nyimaさんは小学校入学と同時に親元を離れ、Himachal Pradesh州(チベット亡命政府のあるダラムシャーラのある州)のチベット人学校に高校卒業まで通っていました。Arunachal Pradesh州の子供達の多くは勉強のために小さい頃から親元を離れて学校に通っています。帰るのは年に1回程度だそうです。。。。
他のチベット学生もそうでしたが、、、チベット人向けの教育を受けるためには、小さい頃から親元から離れなくてはいけないのは、大変だなと思います。

チベット難民が多く集まるデリー郊外 Majnu ka Tillaという所で話を聞きました。 おしゃれなカフェもいくつかあります!!これはチベットのバター茶。

今、住んでるところは寮でなく今は友達と共同でアパートを借りて生活しています。「最初は料理はできなかったけど、今はモモ、トゥクパなど料理できるようになった。」と得意そうに言ってました!

「今のチベットの現状は良くない。私たちのチベット政府・社会には権利が多くない。将来、何ができるかはわからない、具体的なことはわからないけど、チベットのため、何か良いことをしていきたいと思っています」
と語ってくれました。

良い先生になって、そして少しづつチベットの人々の社会を良くしていったもらいたいです!!

今日は友達の誕生日パーティがあると言ってました!

 

奨学生FILE. Delek Wangyal(6期生)

 

2018年9月9日、奨学生のDelek Wangyal君に会いました。彼はレインボーチルドレンの奨学金でデリー大学に通っている学生です。
彼はインドに北東部にある州で生まれました。お父さん、お母さんがチベットからインドへ移住してきたそうです。小学校の頃から親元を離れ、ダラムシャーラ近くのチベット人学校に通ってました。今はデリー大学で勉強しています。

兄弟は姉2人と兄、弟の5人兄弟で、お姉さんの1人はデリー近くの病院で看護士として働いていて、よく会いに行っていて、先週も会いに行ったと言ってました。

彼の通っているデリー大学はインドでもTOP5に入る大学で、多くの留学生を受け入れています。チベットの学生以外にもアフリカ、中東、ヨーロッパ等、様々な国から学生が来ているそうです。ただ彼のクラスで留学生は彼のみで、他は全てインドの学生の中で頑張っています。「デリー大学のインド人学生は優秀なので、ついていくのが大変」と語っていました。

現在大学2年生、授業は月曜日~土曜日で休みは日曜日のみ、「今はレポートや宿題がいっぱいあり、大変だ!!」。そして、ちょうど学生選挙の時期で「今は大学キャンパスが騒がしい」と語っていました。

Delek君の専攻は政治学。国際関係や民主主義などを学んでいます。大学卒業後はJNUというインドの社会系大学で有名な大学で修士をとって、将来はチベット政府の外交官になりたいと考えています。

Delek君の趣味はサッカーで、授業後はサッカーを楽しんでいます。話を聞いた前日もトーナメントがあったと嬉しそうに喋っていました!!「残念だけど、負けてしまった。。」と言ってました。チベット人でチームを組んでいるそうです。

Delek Wangyal君の生活している寮

サッカー好きな大学生らしいDelek君だと感じましたが、外交官という国にとって重要な仕事をしたいと思っているDelek君の志に驚きました。すごいと思います!!

今回はDelek wangyal君が生活している寮で話を聞きました。
大学から地下鉄で45分の所で、デリー大学のチベット人留学生用の学生寮です。ここで250人ほどの学生が生活をしています。部屋はあまり広くはなく、勉強するときはベットの上に小さな机を置いて勉強していると言ってました。

寮の入り口(チベット学生の寮)

ギターが好きらしく、ベットの近くに置いてありました。チベット音楽を演奏しているそうです。恥ずかしそうにギターを持ってくれました!

ギター演奏

 

奨学生FILE.1 Tenzin Tsogyal

 

Tenzin Tsogyal

お茶目で頼りになるTenzin Tsogyal
お茶目で頼りになるTenzin Tsogyal

 

Tenzin Tsogyalは、南インド・マニパルにあるManipal College of Nursing(MCON)で学んでいます。2012年にスタートしたレインボーチルドレン奨学金の第1期生です。

MCONはホームページによると、看護系の大学等の中でもトップ4に入り、インドの私立大学の中でもトップ5という超人気の大学らしいです。実際に見学した感じ、施設は非常に充実していました。

大学のメインオフィス
大学のメインオフィス

 

彼女は、インド東部オリッサ州の出身で、マヒンドラガードのCST(チベット学校)に通っていたそうです。そして、その後ヒマチャル・プラディーシュ州のTCV.Gopalpur(チベット学校)に進学しました。

ですが途中、学校自体が洪水の被害を受け、場所をTCV.Chauntraに変えて10年生まで通いました。さらにその後は、一ヶ月間をTCV.UpperDharamsalaで過ごしたそうです。

そして、TCV. SelakuiというTCV各校の優秀者のみが入れる選抜高校を卒業し、今いる大学に入学しました。

これだけみても、ものすごい数の学校に通ってたことが伺えます。

キャンパスの門の先
キャンパスの門の先

 

兄弟は本人も含めて5人兄弟で、〈弟、本人、姉、姉、兄〉だそうです。

弟は、今最終学年(12年生)で、次女はNYで勉強しています。

長女は、ネパールで結婚はしてないですがパートナーと共に生活してるらしいです。

長男は、どこかは聞けませんでしたが、同じく海外で勉強しているそうです。

2003年に父親を亡くしてから、母親と兄弟と協力してきたと言っていました。

図書館の外観
図書館の外観

 

看護の道に進むに至った理由として、「これといったものはない」と話していました。親戚のお姉さんが同じ大学に通っていてit was easy for me と言ってました。

図書館に隣接する大学グッズショップ
図書館に隣接する大学グッズショップ

 

また、学生生活は看護学部特有の忙しさがあった故に、あまり勉強以外の活動をしていないと言っていましたが、4学年に進学した時に、SNA(Student Nurses Association)と呼ばれる看護学生委員会の議長に選ばれ1年の任期を最近終えたとのことでした。

議長は教員の推薦及び学生間の選挙によって選ばれるそうです。彼女の他にも学術面においては優秀な学生はいるのにも関わらず、学生にも相談役として慕われていることもあって彼女が選ばれたそうです(本人談笑)。

このSNAは4年時にしか出来ないもので、文化交流委員会といったように様々な委員会によって構成されているそうです。

図書館(敷地の外から②)
図書館(敷地の外から②)

図書館(敷地の外から)
図書館(敷地の外から)

 

同大学には、看護以外の学生も含めて大体25人のチベット人がいるそうです。

そして、他の大学にも見られたようにチベット人コミュニティがあり、Uprising Day等の日には、キャンパス内での啓蒙運動をするそうです。マニパルにいるインド人は結構チベットやその問題に対して知らない人が比較的多いそうです。

余談ですが、マニパルという土地にもチベット人家族は住んでおらず、チベット料理屋も皆無だそうです。

食堂2階AC有り(1階はACなし)
食堂2階AC有り(1階はACなし)

運動施設①
運動施設①

運動施設②(吹き抜け)
運動施設②(吹き抜け)

運動施設③(テニスコート)
運動施設③(テニスコート)

 

卒業の進路としては、卒業して職を探して(3ヶ月くらいで見つかるそうです)、デリーの有名な/最新のテクノロジーを備えた病院での実務を積んでから、改めて同じMCONでのマスターを取得したいとのことでした。

その後は、病院(言語面からデリーを好む)勤務、もしくは看護師の教える教員なるかもと話していました。可能であるならば海外に出ることを望んでますが、そのためにはやっぱり相応の学位が必要とのこと。看護で言ったらMCONはかなり著名で認知度も高いそうです。

参考:(MCON)http://manipal.edu/mcon-manipal.html

運動施設(室内卓球)
運動施設(室内卓球)

運動施設(室内バスケ)
運動施設(室内バスケ)

 

レインボーチルドレン奨学金第1期生の、これからの将来が楽しみです。

 

奨学生FILE.21・22 Lobsang DolmaとTsering Choezom姉妹

 

Lobsang DolmaとTsering Choezom

IMG_4562-min
左Lobsang Dolma、右Tsering Choezom 2016/05/22@Bangalore

 

Lobsang Dolmaは、St. John’s College of Nursingに通う学生です。

ネパール出身で、高校まではネパールで過ごしました。高校卒業後は、GNM(General Nursing and Midwifery)と呼ばれる看護・助産学のディプロマを取得するためにデリーにて3年半過ごしたそうです。その3年半の内では、Apollo Hospitalと呼ばれるデリーの中でも有名な病院での実務もあったとのことです。その昨年、レインボーチルドレン奨学金で今のカレッジに進学しました。

Tsering Choezom(3つ上の姉)も今同じカレッジに通っています。ですが、お姉さんはGNMのあとは2年間の病院勤務を経て今に至るそうです。つまり、お姉さんは5年間と半分をデリーで過ごしました。同じく昨年よりレインボーチルドレン奨学金で進学しました。

兄弟は他にもお兄さんがネパールにいるそうでが、今は怪我のリハビリ中で仕事を休んでるそうです。ご両親もネパール在住で、お母さんの商売をお父さんが手伝っているそうです。

というのも、お父さんが働いていた絨毯販売の会社が昨年のネパール大地震で被災し、仕事を辞めざるを得なくなったのです。そこで、お母さんが手作りのアクセサリーを売り、今はそのお手伝いをしているとのことです。

こんなところにもネパール地震の影響があるのですね。。

20151023 ネパールナイト_6860
ネパール大地震のNGO支援地域。2015.10.23ネパール応援ナイトより

 

St. John’s College of Nursingはキリスト教のカレッジで、日常からキリスト教色を感じることができるそうです。それが時に負担になると漏らしていました。学生のほとんどが南インドの学生(インド人)で、チベットの学生は10%ほどとのことでした。

ここでは、キャンパス内のホステル(学生寮)にお姉さんと暮らしています。日曜日はカレッジ自体開いておらず、寮も女性寮ということもあり、今回は中に入ることができませんでした。

寮は、ものすごく厳しいらしく、6:30起床→7:00準備→8:00~17:00まで授業というのが毎日のルーティンで、日曜日が唯一休みだそうです。時間があるときは、公園に行くことが好きだそうですが、バンガロールには公園のような広い広場はなく、デリーの方がその分好きだと言っていました。

 

将来は、看護師に教える教師になりたいそうです。今はまだそこまで強くイメージができていないようでしたが、看護師を志す未来の世代へ受け継いでいく道を希望しています。2人とも看護の道に進んだ理由は、ダライ・ラマ14世も話していたように、利他の精神をもって人に奉仕することが大切だと考えていることと、その影響もあってチベットの女性のほとんどが看護の道に進むから、だそうです。

2人とも双子のようで、どっちかというとお姉さんがたくさん話してくれました。2人とも、バンガロールよりデリーの方がいいと嘆いていました。というのも、バンガロールの人(ローカルの人)は考え方が保守的で、ヒンディ語より現地語であるカンナダ語を好み(2人はこっちの言語が苦手だそうです)、クローズドマインドだとのこと。

難民というマイノリティにとって、首都デリーの方が過ごしやすいのかなという印象を受けました。

近い将来、姉妹で看護師の教師として教壇に立つ日を期待しています!

奨学生FILE.32 TENZIN CHOEZIN

 

Tenzin Choezin

Tenzin ChoezinはチェンナイのMadras Christian Collegeに通っています。

キリスト教の大学ですが、本人はチベット仏教を信仰しています。

南インドは(特に、チェンナイ)はタミル系が多いとのこと。そして、タミル系のインド人はキリスト教を信仰してる人が多く、街には教会も多く、クリスマスブレイクもあるそうです。

IMG_4377 (960x720)-min

出身はダラムサラで、大学でチェンナイに来るまではダラムサラで過ごしていたそうです。

兄弟は、弟が二人いて一人は17歳でバンガロールの高校に通っていて、もう一人はダラムサラの小学校2年生だそうです。

ご両親は2人ともダラムサラで仕事をしてるそうです。

IMG_4378 (960x720)-min

現在、大学では英文学を専攻しています。

ですが、卒業後マスターではジャーナリズムの分野で勉強したいそうです。

子どものころから本を読むのが好きで、友だちとかからは、よく本バカと馬鹿にされていたくらい本を読むそうです。

そして、最近ジャーナリズムに興味を持ち始めてきたそうです。

将来の夢はまだ特にないそうですが、色々これから探っていきたい言っていました。

右端がダイキ、その横が
右端がダイキ、その横がTenzin Choezin、MTの友人宅にて 2016.5.13

 

好きなことはやはり本を読むことで、休みの日は読書かバスケ、サッカーをするとのことでした。

家は、ホステルではなく家を借りてるとのことでした。