奨学生file.15 Tenzin Zomkyed

 

Tenzin Zomkyed

1446201619225

大学 Miranda House, Delhi University
生物専攻の大学院生(最終学年)

彼女は、女子大学であるMiranda houseに籍をおいていますが、キャンパスはデリー大学の植物学を専攻とする学部で学んでいます。彼女いわく、男女共学のキャンパスより、Miranda Houseの方が好きなんだとか。インド人の男は色々とめんどくさいのよ…と話していました。

学部の入り口
学部の入り口

 

Tenzin Zomkyedはとても優秀で明るい学生です。
2015年秋スタツアの際の奨学生ランチミーティングでは、日本語で挨拶してくれました。

彼女は、時間があれば新しいデザインのネイルを試してみたり、K-popや韓流ドラマ、ドキュメンタリーなどをみているそうです。
他にも、歌うことが趣味の一つという彼女は、実際にその美声を聞かせてくれました!彼女のハスキーボイスがいい味を出していて、びっくりするくらい上手です。

彼女がしてくれたネイル (720x960)
彼女がしてくれたネイル

今はデリー大学の大学院で学んでいますが、今後もさらに生物学の勉強を続け、博士号まで取得したいそうです。
もし、勉強を続けられなくても、細胞生物学に関係する職業につくつもりだそうです。

寮

インドの北部、ラダックで生まれ、バラナシで育った彼女は、ダラムサラにあるLower TCVに通っていました。勉強だけでなく、スポーツ、音楽などあらゆる面で彼女はいつもトップだったそうです。ダラムサラのTCVを卒業後は、デラドゥンにあるTCVで高校生活を過ごしました。

両親は、現在もバラナシに住んでいて、お父さんは、バラナシにある大学の教授だそうです。彼女のお母さんはもともと先生でしたが、今は子供を育てるために仕事からは離れています。

Tenzinは三人兄妹の真ん中で、お兄さんはインドにいるチベット人の中で最も優秀な学生だったそうです。今も彼女のお兄さんとは仲が良く、いつも様々な相談をしアドバイスをもらっているそうです。弟は、バンガロールにあるダライ・ラマカレッジで勉強しているそうで、休暇時にはバラナシで一緒に過ごしすとのことです。写真を見せてもらいましたが、とっても仲よさげな兄弟姉妹でした。

彼女の両親は、勉強を続けることに深い理解があり、満足するまで勉強しなさいといつも背中を押してくれているそうです。世間体を気にして、結婚しろだの、就職しろだの言わない両親で、私は本当にラッキーと話していました。

研究室
研究室

Tenzin Zomkyedとは、将来の話や音楽の話、メイクの話など様々なトピックでおしゃべりしましたが、彼女にはとてもオープンにもの事を考えるという印象を受けました。彼女自身もそう感じているようで、「同じ大学でもいつもグループ行動ばかりしている友達もいる。私はもっと本当に気が合う人と、私らしく過ごしたい」と凛とした姿で話していました。自分の中に強い芯のある彼女はかっこよく見えました。
そんな彼女だからこそ、「女性でも好きなようにいきられる社会で生きたい」そう話す彼女は、科学の世界から、女性らしく生きていける道を切り拓いていってくれるでしょう。

 

そして、最後にレインボーチルドレンに対してメッセージをもらいました!

「いつも本当にありがとうございます。
メンバーのみなさん、日本でそれぞれ仕事を持ちながら、こうやって支援してくださる事、本当に嬉しく思います。世界には様々な問題がありますが、こうやって教育に特化した活動をされていることは、本当に意味があると思います。みなさんの活動に逆に驚きますし、みなさんの姿から多くの刺激を受けています。ありがとう!」

教室にて
教室にて

 

ワンスマイルあかえもん_7826

寄付月間 -Giving December- 2015

奨学生File.04 テンジン・ラプテン

 

奨学生File.04 テンジン・ラプテンくん紹介

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

Tenzin Rapten(ラプテン)。(2013秋のラプテン)

CSTというインド政府運営のチベット人学校卒で、インド東部のオリッサ出身です。

過疎地域のオリッサはダラムサラのように支援が行き届いておらず、レインボーチルドレン奨学金がスタートした時に指定した3地域のひとつです。
NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

2014春奨学生ミーティングではこちら。髪ものびて雰囲気変わりましたね。

マイブームはダンス。

大学ではウェスタンダンスのサークル所属とのこと。

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

せっかくなので、ホテルのロビーで自慢の技を披露してもらいました!

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

将来の目標は化学者。2014秋には再びダンスを披露してもらい、学業とともにダンスの向上もしっかり確認できました。

 

奨学生File.05 ナワン・レコメン

 

奨学生File.05 ナワン・レコメンくん紹介

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

この写真は2013秋奨学生ミーティングのもの。

りりしい感じです。

Ngawang Lekmoen(レコメン)。

バイラクッペ(南インド)のTCV卒で、現在は歯科大に通っています。

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

こちらは2014春の奨学生ミーティングで。みんなを代表して、時間がない中駆け付けてくれた律儀な性格でした。

話を聞くと、歯科大は五年通わなくてはいけないみたいだけど、学業は順調とのこと。

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

キャンパスライフもかなり満喫しているようです。

レインボーチルドレンの奨学金によって、こうして輝いている姿を見るのは嬉しい限りです!

奨学生File.R2 テンジン・クンサン

 

奨学生File.R2 テンジン・クンサンちゃん紹介

彼女の名前は、Tenzin Kunsan(クンサン)。

セラクイのTCV卒。インド統一試験での成績は、な、なんと92.6%!NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介
実は前回、アメリカNYへ留学する話もありました!(写真は全チベット学校2位の表彰でセンゲ首相と)

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

今後みんなとの連絡をまとめてくれる、リーダー的な存在です。

この写真は2013秋の奨学生ミーティングのもの。

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

こちらは2014春。かなり大人びて垢抜けました!

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

マイブームはアカペラ合唱。

ウエスタンミュージックって言ってたので、西洋の音楽かな?
大学では歌を歌うサークルに入っているみたいで、じゃあぜひ歌って!ってお願いしたけど、恥ずかしがって聞くことは出来ず。残念!

次回はぜひ歌声披露して、動画で撮影させてね!(^^)

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

大学の教室にて。インド人の友達とも仲良くできて、キャンパスライフは充実しているようです。

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

将来の目標は宇宙物理学者。ノーベル賞めざして頑張れ!!

奨学生File.R1 テンジン・サンドゥプ

 

奨学生File.R1 テンジン・サンドゥプくん紹介

(2015年よりbhuntarの大学に転入し教授を目指しています。教育省直轄の奨学生となりました。)

1995年11月9日生(18歳)、ヒマチャルプラデーシュ州チャンバで生まれました。

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

チャンバは中央チベット政府があるダラムサラよりさらに北の、パキスタン国境にも程近い山間の村です。
NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

三人兄弟のいちばんお兄ちゃん。弟と妹がいます。

お父さんはサンドゥプ君が6年生の時に亡くなりました。

そのため調理師補助として働くお母さんに三人は育てられました。

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

小さいころからの趣味は読書。といってもサンドゥプ君が読むのは難しい専門書です。

得意科目は、哲学や政治という、インド政府の大学で地理学を専攻している1年生です。(2014春当時)

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

将来の夢は、政治家(チベット中央政権)になること、もしくは教授として学問を続けていくこと。

そのために、彼女をつくる時間なんてもったいないと(こんな男前なのに)、時間を惜しんで勉強しています。

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

唯一ダラムサラの大学に通う奨学生なので、毎回夕食会には参加してます。(2014春当時)

NPOレインボーチルドレン チベットプロジェクト 奨学生紹介

「絶対夢を叶えます!」と宣言してくれたサンドゥプ君。

日本の学生たちとも仲良くなれてよかったです。

教授を目指してがんばれ!!