2017秋のスタツア感想文③~池永さんの場合(経営者・広島)


二度目のインド
4年振りのインド。こんなひどい国、2 度と来ないと思っていた。

が、石川さんとの出会いがあり、石川さんの活力と活動に興味があり、そして 4 年前に写真に 撮ったホームレスの 3 人家族がどうなっているか気になって来たインド。

やはりひどい国。汚い、ゴミ捨て放題、牛、犬の糞そこらじゅう。

自動車の運転マナーは世界で最低部類。人との間、50cm空けずに80km/h くらいでぶっと ばす。フォーンなりっぱなし、逆走あり、信号は守るものではない一応の目安。

街中がゴミ箱。と思って、そこら中にゴミを放り投げても罪悪感がしない。なんせそこはゴミ箱なのだから。すぐそこにポイ捨てすれば楽。
秩序、きれいさ、整理整頓、生産性の高さは「すぐ捨てれて楽。」の反対側にある。我々日本人 は、ちょっと我慢して、ごみ箱まで捨てに行く自制心が必要。が、インドの人はそんな思考、習慣でない。

ニューデリーはおそらく10年後も住みにくいままだろう。 車も歩行者との50cmの間隔しかとらず走っていく。しかも60~70km/h で。 とにかく人が多すぎる。デリー、ニューデリー、これだけの人がこの街のどこかに住んでいる。

多くの大人の庶民に希望の表情は見出しにくかった。

ずっと神経を張り詰めて暮らしていかなければならない街。 人工多すぎ。
4年前のシティ・マーク・グルガオンホテルに行ってみた。 あの3人家族はもうここにはいない。周辺を点々としているとのこと。 写真を写した場所も見つかった。大きな道を隔てた通りだった。

行き帰りのタクシーの中、1 回ぶつけ、2回ぶつけられて、口で文句を言うだけで、賠償する までにはならなかった。お互い様のよう。

この人達、昔は川の水が飲め、食べ物も畑や山にあっただろうに。

ほこりっぽい。で、よく路上にツバを吐く。
祭りの時には、police バリケードを張って歩行者道路としている。 ねりものの、トラック舞台では衣装を着て乗ってるだけで、踊りがある訳ではなかった。

ホームレス、物乞いをしてくる人は圧倒的に減った。ホームレスの人のために最低限住む場所は行政が用意している模様。
物乞いは「自己認識」がない4~6歳まではできても、それ以降はアイデンティティが邪魔し て、恥ずかしくなり、悪いことと思ってできないのではないか?

たか子さんが言ってた、「日本に帰ってから、インド臭い」と周りの人から言われる。ほこり、 臭いがついている。

インドでの食事のとき、ハエや虫がよく食べ物に飛んでくる。

このハエや虫、食べ物に飛んでくる前に道の牛の糞にとまっていたはず。この言葉は聴きたくなかった。

ダライラマ14世が最高の広告塔になっている、インドの抑圧されたチベット人という印象。
チベット問題はよく分からない。
独自の民族性を大国によって否定された例は、おそらく世界各地にある。

日本のアイヌ民族、琉球王国もその例。
チベット難民第三世代となり、そんなに悲壮感は伝わってこなかった。 これといって産業は特になく、観光産業に期待しているとのこと。中国と争っている、インド チベット人社会は、世界中の中国嫌い、中国の反民主主義を嫌っている人からの寄付金収入が多いのかも?

チベット人はチベット問答の例もあり、よく考え、よく気づきを得ることが得意。クレバーな人種かも。

最後のミーティングでNさんが言っていました、「私のことをこのツアーチームはフォローし てくれなかった。放ったらかしだった」と。

これもインドらしさのギャップ。 インドはこれだけの人口で生き抜いていかなければならない。 だから、人のことなどそうそうかまってはいられない。自分本位にならざるを得ない。人を蹴落としてまでとは言わないまでも、自分がまず生き抜いていく、進んでいかなければならない。

ツアーメンバーも自分が歩いていく、進んで行く事が精いっぱいで、インド初心者のフォローまで気が回らなかったのでは。
これもインドという環境がさせたことかと。
このように、自分本位で生きていくというやり方、文化もあるのだということを経験させてもらいました。

そして、100人もの奨学生にまで活動を広げられている。継続して年2回、デリー、ダラム サラを訪問されている。継続してやり遂げることの大切さが分かりました。